TOP > 広告と展示会 > 分光研究の広告について

分光研究の広告について

媒体資料 pdficon  広告申込書 pdficon

編集:
(社)日本分光学会
発行:
偶数月の15日
部数:
2,500部

分光学は物理学、化学、生物学などの分野における各種分析技法の根幹をなすもので、その理論と実際は、多方面に応用されています。本会誌では光源、レーザ、分光器等の光学系、検出器、データ処理系という一連のシステム構成における各種システム装置、および周辺機器の情報を、広告として募集しております。

対象広告品目
各種レーザおよびレーザ関連部品、各種分光器、紫外および可視分光光度計、赤外分光光度計、FT-IR、ラマン分光計、ICP-MS、蛍光分光分析装置、旋(偏)光分析装置、ストップトフロー分光光度計、プラズマ分光測定装置、原子吸光分光装置、フォトルミネッセンス測定装置、蛍光寿命測定装置、光源、CCD、光電子分光分析装置、四重極質量分析装置、NMR、ESR、光電子増倍管、試料冷却(加熱)装置、極低温用装置、高輝度分光光源システム、各種光学機器、各種セルおよびフィルタ、パルス信号発振器、ロックインアンプ、トランジエントレコーダ、シグナルアベレージャ、マルチチャンネルアナライザ、電源(定電圧定電流、高圧安定化電源など)、など

地域別分布

北海道1.6%近畿9.5%
東北6.5%中四国4.8%
関東56.8%九州3.2%
中部17.6%

広告料金(A4・1頁単位)

一般賛助会員
モノクロカラーモノクロカラー
表2100,000円160,000円80,000円128,000円
表390,000円150,000円72,000円120,000円
表4120,000円180,000円96,000円144,000円
前付78,000円63,000円
後付66,000円53,000円
差込156,000円126,000円

お問い合わせ先は下記のとおりです

株式会社 科学技術社
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-10-8 武田ビル
TEL:03-5809-1132 FAX:03-5809-1138
Email:info@kagaku.com